FC2ブログ

意気消沈する

このところ連日、新型コロナウイルスによる肺炎
患者の増加についての報道が続いている。


それだけでも不安や憂うつの種になっているのに、
先日アクシデントに見舞われて意気消沈している。


このアクシデントの影響で、新年度(4月)から
マイカー通勤する予定が1ヶ月半、前倒しになった。


運転技術に自信がない私は、冬道の長距離運転を
避けたかったのだが、他に方法がなくなってしまった。


何故なら、左足を骨折してしまったからだ。
寒気が緩み気温が高くなった翌日の朝、出勤途中で
ツルツル凍結した路面に足を取られ派手に転倒した。


左足首に激しい痛みを感じたが、なんとか起き上がり
歩くことができた。


骨折していたら歩けないはずだから捻挫しただけだと
思い込み、そのまま交通機関と徒歩で職場に到着した。


足首に熱い感覚が続いていたが、車内で足を出すことが
はばかられたので我慢していた。


誰もいないところで確認すると、腫れて盛り上がっていた。
さすがに「これはまずい。」と思い、職場に湿布がないかと
聞いてみた。


湿布の取り置きは無かった。
事情を説明し患部を見せると、これは早く病院に行った方が
よいと口々に言われた。


職場の人が運転する車で近くの病院に行った。
レントゲンを撮ると「骨折ですね。全治4~6週間でしょう。」と
告げられて、私の頭は動揺と混乱でいっぱいになった。


骨折部位は左外側くるぶし付近。
歩行可能だったのは、体重があまりかからない部位だったから。
手術と松葉杖は不要だが、ギプスを装着することになった。


これが反対側(内側)や、もっと膝に近い部位だったら、
手術は必至で入院しなければならない。
不幸中の幸いといったところか。


通勤中の怪我なので「労災」が適用されることになった。
仕事は休みたくないが、歩行可能とはいえ通勤ラッシュは
相当きついと予想される。


残る手段はマイカー通勤のみ。
右足の怪我でなくて良かった。


怪我した当日は妹に頼み込んで、自宅に送迎してもらった。
職場にも家族にも心配と迷惑をかけてしまい、しょんぼり。


その夜、私の頭は騒がしく神経が静まらない。
加えて重いギプスの違和感と、除雪車の作業音が断続的に
聞こえてきて、朝まで浅い眠りと覚醒を繰り返した。


支度をして、軽自動車で通勤する。
気温が高くて道路は濡れているだけだった。
再び寒気が戻るのが怖い。


しばらく仕事の合間に通院する日が続く。
早く治したい。
春が待ち遠しい。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます