FC2ブログ

長くて短くて

政府の緊急事態宣言の解除を受けて、1ヶ月以上
続いた変則的な勤務態勢から通常勤務に戻った。


長いように感じたが、過ぎてしまえば短かった。
それより新型コロナウイルスとの戦いは、今後
いつまで続くのかわからないほど長い。


一歩外に出れば、感染の危険はどこにでも
潜んでいる。


油断は禁物だけれど私の場合、気にしすぎて
しまうことが予想されるので加減が難しい。


「適度に注意して行動する」を心掛けようと思う。




今月下旬、同居犬が亡くなって丸2年が経過した。
2年前なのに、昨日のことのように感じている。


遺骨と遺影、少しの花といつもよりちょっとだけ
リッチなおやつ。


いつも見守ってくれてありがとう。
キミのことはずっと忘れないよ。


今回の自粛生活を経験して、定職に就けず
Webワークと称して引きこもっていた2年間、
同居犬にどれだけ支えられていたかを改めて
実感した。


桜の花びらが舞い散る道を一緒に散歩しながら、
こんな年がずっと続くといいなと願ったけれど、
当然叶うはずもなかった。


同居犬が亡くなってから、胆振東部地震が起きた。
自室アパートの外壁補修工事があった。
夏の暑さが一層厳しくなってきた。
それから私は足首を骨折した。


もし生きながらえていたなら、心臓病を患う同居犬に
とって、地震と猛暑は大きなストレスだっただろう。


私に似てびびりな同居犬は、3階の窓に映る足場に
立った作業員の影に吠え続けたに違いない。


膝下から足の甲までギプスに覆われた私を怖がって、
離れてしまったかもしれない。
治療に3ヶ月半かかって、やっと骨折は完治した。


11年近く一緒に生活したけれど、楽しかったから
短く感じている。


キミの面影が残るこの部屋を、私は冬が来る前に
出て行くつもりでいる。


もちろんキミの思い出も一緒に連れて行くよ。
これからもよろしくね。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます