FC2ブログ

配属その3

 経理課に6年ほど在籍した後、総務課に異動することとなった。

総務課には、19年近く(45歳まで)在籍していた。

最後の5年くらいは経理課と総務課が統合されて、

「総務部」になったが、仕事内容の大きな変化はなかった。


 私に異動を命じた上司は、この異動が私にとってプラスになる

という意味で、次のように言った。

「(この会社を辞めて)再就職先を探すときが来たら、総務に

在籍していたという実績は、君にとって必ず有利に働くはずだ。」

この予言は、間違いなく当たっていた。

再就職活動を始めて、職務経歴書に詳しい担当業務を記載すると

年齢を気にせず即戦力を期待する企業の場合は、書類選考を通過

できることが多かった。


 異動した当時、総務課の仕事範囲は限られたものだった。

買掛管理、労務管理、社会保険手続等。

人員は担当役員と、上司と、私の3人だけだった。

上司も総務を担当するようになってから日が浅かった。

それまでは担当役員が、後輩の一人に雑務を手伝わせ

ながら、殆ど一人で処理していた。

言うなれば、出来たての部署だった。その後、少しずつ

担当業務が増えていき、それに伴って増員された。


 総務課は「縁の下の力持ち」とか「全社員の下僕」の

ような感覚だった。以外にも私はこの仕事が好きだった。

理由は単純で、総務事務に興味があったからだ。

後に営業事務も経験したが、一番やりがいを感じたのは

総務事務だった。私の会社生活は充実していた。

少なくとも、後にうつ病を発症するまでは。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます