卒業の春

本日は通院日でした。

クリニックに向かう途中、卒業式帰りと思われる

はかま姿の女性2人とすれ違いました。


その若く艶やかな姿が印象的で、一瞬振り返って

後ろ姿を見送りました。

雪がはらりと舞い降りる寒さと少し強い風の中で、

それに負けないくらい輝いて見えました。


現代は、和服も袴もいろいろなバリエーションが

あり、サイズの取り揃えも幅広いのでしょう。

華やかで羨ましいなと思いました。



ずいぶんと前の話ですが、短大の卒業式に、

私もはかま姿で出席しました。


しかし大柄(170cm強)な私には和服の袖が

短くて、肘を曲げてごまかしていました。

確か矢がすり模様の和服でした。



それから社会に出て32年が経ちました。

すっかりおばさんになった私は、あの頃

よりずっと人生に疲れてしまいました。


当たり前ですが、社会に出てからの方が

辛くて苦しいことが多かったなとつくづく

感じています。



診察で、近頃気分の変調が激しいことを

訴えたら、薬が1種類追加になりました。

心の中で、ため息をつきました。


「私も薬から卒業したい!」と思っても、

いつになるやら想像も出来ません。


怖いもの見たさで服用を止めたらどうなるか、

観察したい気持ちもあるのですが、結局

自分を追い詰めるだけなので実行しません。


13年近く精神科の薬を服用し続けているの

だから、きっと離脱症状が出るでしょう。


万が一、何の罪もない同居犬をネグレクトして

しまったら可哀想だし、同じアパートの住人に

迷惑をかけてしまったら申し訳ないし・・・。


先月受けた社会的適応性を知るための検査

(5種類)の結果が早く出ないかなと、

ひたすら願ってしまうこの頃です。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

思い込んでしまう

振り返れば、私は幼い頃から「思い込み」を量産して、

作り出した「思い込み」で自らを振り回して、周囲に

迷惑をかける失敗を繰り返してきました。


失敗をしてから「思い込み」だったと気づくのですが、

その行動を取っている際は、他の選択肢の存在など

まったく頭から消えています。


人から指摘されて初めて、自分の行動の愚かさに

おののき、恥ずかしさで逃げ出したくなります。


心ならずも、人から「頑固だ。」とか「自分勝手だ。」と

言われるのは、懲りもせずに無意識に失敗を重ねて

しまう悪い癖が抜けないからでしょう。



小学校低学年頃、好奇心からインスタントコーヒーを

飲もうとして苦かったので、更に加えれば飲みやすく

なるかもしれないと思って、粉を大量に入れてしまい、

母から大目玉を食らいました。



小学校中学年頃、洗濯機に洗剤をたくさん入れれば

汚れがよく落ちると思って、洗剤を大量に使いこみ、

両親にきつく叱られました。



中学生になって、家にあったミシンで見よう見まねで

裁縫をしていたら、裁縫に詳しい叔母から操作の

誤りを指摘され、故障の原因になるかもしれないと

注意されました。



この悪癖は大人になってからも治らず、失敗の度に

自己嫌悪に陥るのでした。



転職に失敗した背景には、この「思い込みの激しさ」

が、原因の一つだったと考えられます。


私の中では、ある業務をする場合はこのようにする

というパターンが決まっていて、それは長く勤務した

企業での経験によって培われたものでした。


転職先には、その企業のやり方(別の方法)がある

ことが想像できず、周囲の人に質問することなく、

無意識に自分のパターンでやってしまいました。


その結果、周囲から注意と非難を浴びてしまいます。

どうしてやる前に気づかないのかが不思議で、悔しい

気持ちでいっぱいです。



私の「認知」は相当歪んでいます。

どう修正すれば効果的なのか、悩みは尽きません。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

理由なき陥没

本日は、天気が良くて青空に吸い込まれてしまいそうな、

春の訪れを感じさせてくれる穏やかな一日でした。


それなのに私は、時計の音だけが響く部屋に閉じこもり、

同居犬をなでながら、取りとめのない思いに浸りきって、

何をする気にもなれませんでした。


どうして?どうして?どうして?

何も落ち込む理由がないのに、押し寄せる雑念に支配

されるがままに、意欲がどこかに行ってしまいました。


このまま埋没した生活も悪くないかもしれないなんて、

否定的な空想が浮かぶ度に頭を横に振って、「いかん!」

と自分を鼓舞しようとしても、気分はすっきりしません。


この無気力感はどこから来るのでしょうか。

ときどき、このように理由のない陥没に襲われます。



無理に抵抗してもどうにもならないと、どこかで悟って

いるのですが、素直になりきれません。


しばらくしたら、きっと上向いてくるに違いないという

消極的な期待に、いつものように任せるしかないのです。



時間が経てば犬も私も空腹になり、犬はともかく私の

身体は意思に関係なく、食物を口にして生存しようと

します。


一人暮らしは誰も世話をしてくれないから、自分の

世話は自分でするしかありません。


当たり前だけれど、この必然性が私を無理やり

救ってくれているのだということに感謝します。



「こんな日がたまにあってもいいじゃない。大事な

ことは明日、気分が良くなってから考えよう。」と

自らに言い聞かせ、課題を先延ばしすることに

しました。


一時停止からなるべく早く復活できますように、

自己暗示を試みています。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

諦めも肝要

2年前の春、私は新たな道を歩むために

遺品整理士の資格を取得しました。


その前年末に、5度目の転職に失敗し

「事務系の正社員」としての就職を断念

しました。


40代のうちに生活を立て直す予定が狂い、

私は失意の底にいました。


違う道を模索する中で、「遺品整理」という

仕事に興味を抱きました。


亡くなった人の意思を尊重しつつも、遺族の

悲しみに寄り添い、思い出の品の供養や

家電などのリサイクル、不用品の的確な

処分などの手伝いを請け負う仕事です。


社会に奉仕することが出来て、やりがいも

あるに違いないと思い、一念発起して

勉強に励みました。



そして遺品整理も扱う小さなリサイクルショップで、

短時間のアルバイト(雑用係)として働き始めました。


しかし6度目の転職だったこの職場でも、私は仕事に

慣れるのが遅く、またもや人間関係のトラブルを起こし、

遺品整理の現場に一度も赴かずに、退職せざるをえま

せんでした。




あれから2年近くが過ぎ、遺品整理士認定協会から

先日、会員更新の案内が届きました。


私は資格を更新しないことにしました。

遺品整理士として公的な活動はできなくなります。


それでも構わないのです。

はっきり言って、私には向いていませんでした。



人の気持ちを推測できない私は、気配りどころか

場にそぐわない失言をしてしまうかもしれません。


基本的に共同作業なので、人と調子を合わせる

ことが苦手な私は、周囲を苛立たせる可能性が

高いと思われます。


時には孤立死やごみ屋敷といった現場に立ち会い、

平常心でいられるほどの精神力もありません。



きっぱりと諦めます。

しかし遺品整理の勉強をしたことは、後悔して

いません。



人間関係が希薄になりがちな現代社会の事情を

踏まえつつ、遺品の供養や処理に関する知識と、

自らの生き方や終活についても考えを巡らせる

ことが出来ました。


生業には繋がらなかったけれど、良い経験に

なったと思っています。











テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

賞味期限は絶対厳守

昨日、夕食の準備をしていたところ、

久々に失敗をやらかしました。


買い置きのたまねぎが腐っていました。

たまねぎ1個、もったいない。


私は嗅覚が弱くて気づかなかったのです。

たまねぎは日持ちすると油断していました。

これからは購入日を書いておきます。



冷蔵庫の中身・調味料・缶詰等たいていの

食品は、賞味期限に注意しています。


賞味期限が切れたものは一切口にしません。

やむなく食べきれないときは、冷凍保存して

しのぎます。


これも強迫性障害の症状でしょうか。

困ったものです。


食品にもよりますが、賞味期限を少し過ぎた

ぐらいでも大丈夫そうなもの(調味料など)も、

感情が受け付けません。



その点、実家の両親は至って大らかです。


冷蔵庫のない時代に生まれたせいか、

冷蔵庫を過信しているのではないかと

やきもきするのは私と弟ぐらいです。



数年前、夏バテ防止用に経口補水液の

ペットボトルを数本、実家からもらいました。


賞味期限が切れたので中身をシンクに捨て、

ペットボトルも資源ごみに出しました。


実家から電話が来たときにその話をしたら、

「捨てるくらいなら、うちに持ってきなさい。」と、

母に叱られました。



私は、神経質すぎるのでしょうか。


ちなみに、市販の薬も使用期限が切れたら

もったいないけれど、さっさと廃棄します。


誤まって服用したり、塗ったりして副作用が

出たら怖いので。



たぶんこの性分は直らないと思います。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ