許せなくてもいい

私はたまたま、人生における喜怒哀楽の記憶

人より多く残っている性質のようです。


喜と楽の記憶を思い出すのは懐かしいのですが、

怒と哀の記憶を思い出すのは苦しいものです。


人によりけりだと思いますが、私の場合それらの

多くが画像つきで割と鮮明にできています。



なかでも「怒」の記憶は遥かな時を経ても、心を

激しく揺さぶられ「許せない」と感じてしまいます。


これまでの私は、「怒」の記憶を引きずり続けて

人を許せない自分を、人間としての度量が小さく

執念深くて、意固地な人間だと嫌悪していました。


人を許せない自分自身を許せなかったのです。



最近、タイトルに惹かれて読んだ本があります。

「許せないという病」  片田珠美 著   扶桑社新書


許せない思いに苦しむ人の事例や、対処法等が

記述されていました。



一番印象に残ったのは、「許せなかったら、無理に

許そうとしなくてもいい。」と語られていたことでした。


許せない自分を許せなくてストレスを抱えるより、

許せなくても「けり」をつけてしまう方が、余程

健全な生き方のようです。



「けり」のつけ方は人さまざまですが、関係を断ち切る

ことが手っ取り早い方法です。


私にとっては、目から鱗が落ちる内容でした。

人を許せなくても、もう苦しまなくていいんだ。


人間は神様や仏様ではないから、すべてに

寛容にはなれません。



それを自分に求めても、無理なものは無理です。


私の許せない人たちとは、もう会う機会はないでしょう。

それだけでずっと気が楽になりました。



現代社会には理不尽の種がたくさん転がっています。

○○ハラスメント、マウンティング、ブラック企業、

DV、虐待、いじめ、風評被害、ヘイトスピーチ等。


いつ誰が標的となってもおかしくない時代です。

抵抗力を高めて、目を凝らして「希望」や「喜び」の

種を探していきたいと思います。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

目標をすりかえる

社会復帰計画が実行段階に入ってもなお、

私の心は揺れていました。


悲観的になったり、楽観的になったりの

繰り返しです。


転職先での困惑・注意・叱責・罵倒などの

数々の記憶を想起し出すと止まらなくなり、

眠れない夜もありました。


過剰な不安緊張を抱いてしまう悪い癖が、

また脳内を占拠しようとしています。


施錠されたかどうか、ドアノブを何度も

引っ張ってしまう確認強迫が、未だに

治まりません。


同様に「石橋を叩きすぎて壊す」思考が、

執拗に頭をもたげてきます。



まだ本番ではないのです。

リハーサルも、練習もしていません。


そんなに思い悩むことはないのだと、

理性では解っているのですが、感覚が

ついていきません。


これから社会復帰のためのリハビリ

(講習・研修)を受けるにあたって、

不安緊張を取り除く方策を考えて

みました。



「絶対に社会復帰、再就職しなければならない。」と

考えてしまうから、悲壮感が漂ってしまうのです。




少しふざけすぎかもしれませんが、ブログに

「リハビリ体験日記」を綴ることを、目標に

設定しました。


すると、みるみる肩の力が抜けてきました。

ちょっと見方を変えるだけで楽になるものです。


リハビリだから、おそらく叱責を受けることも

ないでしょう。


ハローワークの求職者支援訓練は、結構

楽しかった思い出です。


それとはまったく違う内容だと思いますが、

新たに興味・関心が持てるものを発見できる

かもしれません。


まずは、小さな達成感を積み重ねることから

始めてみます。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

歩き方を考える

長らく生きてきましたが、無くて七癖と言われるように、

人にはそれぞれの歩き方があるのだなと、ふと考えて

しまいました。


履いている靴にもよりますが、その人の体格や性格、

職業等も、歩き方に影響を与えるのではないかと

思います。


女性としては大柄で歩幅も広いはずの私ですが、

「いつもそんなにゆっくり歩いているの?」と

複数の人から言われたことがあります。


どうやら私は歩く速度も遅いようです。

もちろん急いでいる時は、早足や小走りに

なりますが。


これ以上身長が高く見えないように、ヒールのある

靴(パンプスなど)は滅多に履きませんが、日頃

からよく足首をくじきそうになります。


両足ともにくるぶしを外側にねじりそうになります。

今のところ未遂で済んでいますが。


特に考え事をしながら歩いている時とか、初めて

行く場所に向かっている最中に起きる場合が多い

と感じています。


これって上の空で歩いているからか、歩き方の

癖なのか、どちらなのでしょう?


正しい歩き方を身に着ければ、心身ともに

健康に近づくようなイメージがあります。


陸上競技の競歩とか、モデルさんの歩き方、

ウォーキング教室とか、幾つかの情報が

頭に浮かんできました。


これらの情報を耳にしても、あまり関心が

なかったけれど、一考の価値があるのでは

ないかと、思う年齢になりました。


もっとも私は関節がっちり・骨太タイプなので、

骨粗しょう症には縁遠いはずと珍しく楽観的に

思っているのですが、果たしてどうでしょうか。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

足掛け13年

心療内科・メンタルクリニックに通い始めてから、

足掛け13年になります。


転院を3回繰り返し、遂にというかようやくというか

先日、精神障害者保健福祉手帳と自立支援医療を

申請しました。


社会復帰するための計画は実行段階に入ります。


近日中に障害者就業・生活支援機関の支援員さん

(社会福祉士・精神保健福祉士)と、面談する予定に

なっています。



私にとって第二の人生となるのか、それとも再生と

なるのか、その位置づけはさておき生活環境の

変化に対応していかなければなりません。


目標はシンプルに「心穏やかに生活する」ことです。

言葉にするほど簡単にはいかないと思いますが。



「うつ病」での申請ですが、他に社交不安障害

強迫性障害、そして微小ですが発達凸凹

抱えています。


幼少期からの私は、「どこかずれている感覚」

というか「不全感」をずっと持ち続けてきました。


時に強がったり、なだめすかしたりしながらも、

自分自身を縛りつけ、責めていた気がします。



違う生業を求め続けた最近の5年間は、直視

することを避けていた自分自身を、見つめ直す

期間でもありました。



認定されるまでに1~2ヶ月かかるそうですが、

どうか申請が通りますようにと、強く願わざる

をえません。









テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

大差ない

私は強度の近視と乱視なので、コンタクトレンズと

眼鏡を併用しています。


近年では、わずかに老眼も加わってきていると

眼科医院で言われました。


視力を矯正しないと、階段も踏み外しそうなレベル

なので、コンタクトレンズと眼鏡は必需品です。



私がコンタクトレンズの装着を始めたのは、短大

1年の時で、アルバイト代を貯めて買いました。

視界が広くなって嬉しかった思い出があります。



その数年後、不思議な変化に気づきました。

私の目はもともと一重まぶたでした。

もしかしたら奥二重だったかもしれません。


それが、くっきり二重まぶたになっていました。

誤解しないでいただきたいのですが、美容整形等は

一切しておりません。


ピアスをしている人を見るのは平気ですが、

自分でしようなんて考えたこともありません。


病気や怪我や検査以外で、痛い思いをするのは

怖くて嫌な小心者です。



毎晩コンタクトレンズ(ハードタイプ)を外す際に、

目を見開いてギュッと目尻に向かって、指で

まぶたを強く引っ張っていました。


たぶん、この動作が原因で自然に二重のくせが

ついてしまったと思われます。


しかし、まぶたが一重から二重に変わっても

もともとが凡庸な顔立ちなので、大きな違いは

ありません。



私は不器用なので、化粧もうまくできません。


アイラインやマスカラなど、コンタクトを装着した

目に入ったら痛そうなので、施したこともないです。


昔、ある美容部員さんに言われました。

「まつ毛が長くていいですね。でも密度は少し

足りないようです。」


褒められてから貶されるより、貶されてから褒められる

方が、ずっと嬉しかったと思います。



私は化粧に対する興味・関心も薄いのですが、

最近は口紅(カラーリップ)くらいはつけた方が

良いかなと考えるようになりました。


人から元気なさそうとか、顔色が悪いと指摘される

からです。


私の場合、ピンク系よりオレンジ系やベージュ系の方が

肌なじみが良く、自然な温かみが出るような気がします。


50歳を過ぎてから、お化粧って実は奥が深いものかも

しれないと、しみじみ思う今日この頃です。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ