終わりは始まり

ここ数日、全国的に冬将軍が猛威をふるっています。

低温・荒天・大雪で難儀している方も多いと思います。


私も雪かきに精を出していますが、汗をかいたり冷えたりで

風邪をひかないか、いつもより気になっています。


それというのも、念願かなって就職が決まったからです。

来月から働き始めます。


今年になって最初の応募先でした。

仕事内容、職場環境ともに惹かれていました。


書類選考・面接に合格できたのは、これまで親身になって

支えてくれた多くの方々のおかげだと感謝しています。



就職活動が終わっても、これからが大事だと考えています。

雇用契約は年度末(3月末)で、一旦終了します。

それ以降、1年単位の契約となります。


勤務評定が著しく悪い場合は、契約を更新してもらえない

可能性があります。


過去6回の転職(一般雇用)において、長くて3ヶ月半、

短くて4日で解雇を言い渡されました。


障害者雇用で、「私の取扱説明書(自身の特性を端的に

記したもの)」を提出していて、おそらくジョブコーチ等の

支援を受けられると思いますが、やはり不安はあります。


仕事を覚えるのに時間がかかる(頭の中でシステムが

完成しないとスムーズに動けない)、新しい環境に適応

しにくい(対人緊張が強い)という弱点。


一般雇用では、就労初期のこのハードルを越える

ことができませんでした。


今度こそは乗り越えたいので、頑張ります。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

役割分担

抽象的な話ですが、社会的な動物である人間は、

属する組織(企業・団体等)の中で、それぞれの

役割を担っています。



仮に4種類に分類するとしたら、私はどれに向いているのだろうと

考えてみました。


● マネージャー (管理する人)

● プランナー (企画する人)

● サポーター (支援する人)

● プレーヤー (実行する人)


それぞれ違う力を求められます。


本人の適性と役割が一致していたら、日々のストレスも

軽くて済むのかもしれません。


本人の適性と役割が不一致だったら、日々のストレスも

重く感じるのではないかと思います。



本人が思う適性と、周囲が期待している役割が違っている

場合もありえます。


そのような場合、どのようにすれば本人にも組織にもプラスに

なるのでしょうか?

ケースバイケースですかね。



私は集団生活に馴染みづらいところがあるので、本心では

ずっとプレーヤーでいたかったのです。


しかし組織で年齢を重ねるにつれて、他の3種類の要素も

多少なりとも期待されるようになりました。


自分でも周囲から承認されたい欲求があり、背伸び

していたから辛くなってきたのかなと分析しています。


承認欲求は自己肯定感が持てない故の産物でした。



あれから失敗を重ねたけれど、失敗が私を成長させて

くれました。


遅ればせながら、自己肯定感を育てているところです。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

行く逃げる去る

1月は行く。
2月は逃げる。
3月は去る。


クリスマス・正月・成人式が過ぎて、あっという間に

1月下旬になりました。


スーパーの品揃えも節分・バレンタインデー関連になり

やがてひな祭り・ホワイトデー関連に変わっていく。


「待って、私を置いていかないで!」と思わず叫びたくなります。

日が長くなって、温かくなるのは嬉しいけれど、自分の未来にも

明るい兆しが欲しいと願っています。


前回の記事から、「焦り」の気分が抜けないまま過ごしています。

そんな気持ちを反映してか、今日は勝手にどきどきしてしょんぼり

してしまいました。


年金機構から封書が届いたので、もしや障害年金申請関係の

連絡ではないかと思いきや、開封してみると国民年金保険料の

口座振替の案内でした。


未だ身の振り方が決まっていない私は、国民年金保険料を

納付書(現金)で納めています。


口座振替が便利で、まとめて前納・早割にすると幾らかお得に

なるのは十分理解しています。


生活の見通しが立っているなら、口座振替にします。

でも私は就職して、厚生年金保険料を支払いたいのです。


まずい、「焦り」に拍車を掛けてしまいました。

他のことに目を向けて、気分転換を図ります。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

焦りを感じつつも

最寄りのハローワークから、2月下旬に開催される

障害者合同面接会の案内資料が届きました。


合同面接会は昨年10月以来ですが、前回と比べて今回は

かなり小規模で、応募数も2件までと決められています。


近日中に応募先を決めて連絡しないと参加できなくなるので、

資料を見ながら検討中です。


面接会までの間に、履歴書の年齢が増えてしまう私です。

年度末までに就職できなければ、漂流生活も6年目に突入します。


遊んでいた訳ではなく、自分なりに手を尽くしてきたつもりですが、

落ち着こうとしても焦りが忍び寄ってきます。


やはり「新卒不可」や「事務経験者」等の記述を探してしまいます。

その他に私にとって有利になるのは、電話応対に支障がないこと

くらいです。


電話応対は得手ではないけれど、何とかこなせる方です。

クレームの電話は怖いですが。


思い悩んでも行動に移さなければ、現状は変わりません。

無理のない程度に進んでいこうと思います。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

凍土に鶴嘴(つるはし)

新年になってしばらく経っても、日によって気分が変動する・

または日内変動する状態が続いています。


しかし、近年は少しずつ気分変動の幅が小さくなってきて、

安定に近づいている予兆があります。

まだ油断はできませんが。



今年最初の通院日だった今日、主治医に近況を報告した後、

自分でも思いがけない言葉が出てきました。


「内向的な性格は恥ずかしいとか損だとか感じていましたが、

必要なときに話ができさえすれば、このままでもいいかなと

思うようになりました。」


最初の記憶(3歳で保育園を脱走する)以来、50年近くの間

自分を縛りつけていた自己否定・自己嫌悪が積もって凍った

固い地面。


近年の転職ジプシー生活の中で、たくさんの人に支えられて、

やっとのことで自分自身を許すきっかけを手にしました。


自己肯定感はまだ十分ではないけれど、これから育てようと

思います。


どうか心の基盤整備が、経済的基盤の確立に繋がりますように。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ